その他の対処

トイレのつまりはラバーカップで対処するべきです。しかし、それでは対処することができなかったり、ラバーカップを持っていないというケースがあるかもしれません。そんなときの対処法について紹介しましょう。

バケツに水まずバケツを用意してそこに水を入れてトイレに流してみましょう。たくさんの水をどんどん流し込んでみてください。高めの場所から排水口にめがけて水を入れてみましょう。排水口にピンポイントで流してみるのがポイントとなります。これによって、水流を発生させることができて、強い流れが生じることによって流れるかもしれません。

お湯を流してみて対処するという方法もあります。水よりもお湯の方がトイレットペーパーは溶けやすくなるのです。ただし、お湯によってふやけないものが中に入っている場合にはお湯を入れないようにしましょう。注意点としては熱湯を入れないようにしましょう。あまりにも熱すぎると陶器製の便器の場合は割れてしまうことがあるからです。熱湯によって膨張することがあるからです。

このような対処をしても解決しなくて、ラバーカップを使っても駄目だった場合には、業者に頼みましょう。下手に対処しようとしてもトイレを壊してしまう可能性があるのです。

ラバーカップを使う

トイレのつまりを直したいならばラバーカップを使うと良いでしょう。こちらは他にもさまざまな名称で呼ばれていることがあります。スッポンやスポイト、吸盤などと呼ばれることがあるでしょう。

ラバーカップこちらを使う際にはまずラバーカップによって排水溝を塞ぐようにかぶせてください。そして、水をカップが隠れるぐらいの状態にします。そして、カップを排水口にしっかりと密着させて、静かに押しつけていきましょう。そして、力を入れてカップを引き抜いてください。そうすることによって、つまりを取り除くことができます。ただし、1回だけでは効果が出ないこともあるため、何度も繰り返し行うことをおすすめします

もしつまりを解消できたようならば、試しに水を流してみましょう。それでスムーズに水が流れるようになったならば成功です。ただし、いきなり大量の水を流してしまうと実はつまりが解消されていないこともあるため、バケツの水を用意することをおすすめします。

ラバーカップにはいろいろなサイズや形のものが売られています。そのため、自宅のトイレに合っているものを用意してください。そうすれば、スムーズに水を流すことができるでしょう。ラバーカップは常に置いておくことをおすすめします。

トイレのつまり

トイレットペーパー家の中ではさまざまなトラブルが起きてしまうことがあります。特に水回りの問題が起きることは多いでしょう。水回りは毎日使うことになる部分であり、さまざまな問題が起きてしまいやすいのです。その中の1つとして、トイレのつまりが生じてしまうことはよくあります。もしトイレがつまってしまうと、それによって生活に大きな支障が生じてしまうでしょう。

トイレのつまりというのはトイレで水を流しても全然流れない状態になってしまうことです。こうなるとトイレを普通に使い続けることができなくなってしまうでしょう。トイレは毎日利用するものです。家族のみんなが使う場所です。そこが使えなくなるのはとても大きなトラブルといえるでしょう。家族がすぐに困ってしまうことになります。

トイレつまりの原因はいろいろとあります。一番多いのはトイレットペーパーを流しすぎてしまうことでしょう。トイレットペーパーは元々水に溶けやすくできています。それでも大量に流してしまうとなかなか溶けなくなり、それがつまってしまうことがあるのです。どこの家でも起きてしまうことでしょう。

トイレのつまりについては自分で直すこともできます。あるいは業者に直してもらうこともできるでしょう。いつトイレのつまりが起きてしまうのか分かりません。そのため、どのように対処するべきなのか、そのための方法を知っておくことは大切でしょう。こちらでは万が一の際にトイレのつまりをどのようにして対処するべきなのかを紹介します。まずはラバーカップを使用する対処法について紹介していきます。